今あるスペースをもっと活用しよう。

小規模で独立した醸造所を設立する

ここでは、クラフトビール醸造所や地ビール醸造所に投資する際に判断すべきいくつかの質問を紹介する:

  • より多くの容量供給 - クラフトの地位を維持しながらも、成長の余地が必要だ。
  • 産業別市場セグメント - マイクロブルワリー、ブルーパブ、タップルームブルワリー、地域ブルワリー、契約醸造会社、または交代経営者。
  • 費用対効果の高い事業拡大 - 地域のビール販売から利益を得て、管理可能なコストでブランド・ロイヤルティを生み出す機会。

クラフトビールの醸造所は小規模なので、商業的な醸造所よりも革新する余地がある。では、伝統的な醸造方法やビールの味に特徴がありますか?

お困りですか?専門家に相談する

今すぐ営業チームにご連絡ください。

消費者が高品質で風味豊かな幅広い種類のビールを求め続ける中、ミセット・グループ・マイクロクラフト・システムは、革新的な製品で皆様の地域の市場ニーズに応え、その過程で高い経済価値を生み出しています。 私たちは、皆様が適切なビジネス判断を下せるようお手伝いします!

営業担当

マイクロクラフト ブルワリー システム (10HL – 30HL)

醸造所の経済的利益を向上させ、円滑な運営を維持する。

サイト要件

  • 高さ仕様: マイクロクラフト・ブリュワリー設備(10HL~30HL)で、天井高12.5ftが必要(特注高も可能)
  • 排水: 4インチ・フロア・ドレインが望ましい;
  • エレクトリカル: 3相/380(220,415,480...)v/50(60)Hz; 単相/220(110,240...)v/50(60)Hz
  • コントロールレベル: 制御PID表示制御盤、PLC半自動タッチスクリーンパネル、PLC全自動制御盤
  • 加熱方法: 電気暖房/スチーム暖房/直火暖房
  • 溶接: TIG 100% フル溶接継手
  • 研磨精度0.4μm
  • 熱伝達効率: ≥90%
営業担当
10bbl 2容器醸造設備

10バレル 高さ 10.5 フィート (3.2 m) の 2 容器地ビール醸造システム

  • 醸造バッチ: 1日1~2本
  • 熱交換エリア: 2㎡
  • 必要な面積: 90m²
  • パワーだ: 48kw
2 2 1
  • 醸造バッチ: 1日2~3本
  • 熱交換エリア: 2.5㎡
  • 必要な面積: 130㎡
  • 必要な面積: 60kw
2000Lマイクロビール装置
  • 醸造バッチ: 1日2~3本
  • 熱交換エリア: 3.5㎡
  • 必要な面積: 200m²
  • 必要な面積: 92kw

品質管理体制について

  1. Micetグループは、創業以来、異なる会社の経営理念を持っています、私たちは職人の精神でハイエンド機器のみを行い、私たちの主なビジネスモデルは、販売システムであり、世界中の代理店のために奉仕することに専念しています。弊社の工場は厳格な品質管理システムを持っており、注文は完璧に行われ、納品は高効率で行われます。
  2. 完璧な仕上がり、水溶接による均一なくぼみのある冷却ジャケットは、漏れがなく、長寿命を保証します!全面鏡面研磨、6回研磨でRa0.4um鏡面仕上げ。空気と水で12時間テストして、ジャケットのテスト圧力は5Barで、内部のシェルのテスト圧力は4Barで、出荷前に48時間漏れテストして、これらのテスト記録はすべてデータプレートに表示されます。
  3. 私達の工場に厳密な品質管理およびプロセス点検及びあなたが期待する質および配達を時間通りに得ることを確かめるテスト システムがあります。私達の順序の郵送物それぞれに 5 つの点検ステップがあり、点検の材料からの点検記録は、生産工程、圧力テスト、完成品の点検、装置のパッキングおよびローディングの点検、等問題があるとき、記録を保ち、問題をすぐに解決することは容易です。
  4. インストールとアフターサービスのために、すべての配管は、出荷前に番号をマークされ、全工程の配管のインストール図を提供します。一方、どのような問題が発生した場合、我々は顧客のために解決するために最速の効率を使用し、交換や修理コストを送信する問題ではありません。

マイクロクラフト・ブルワリー・システムの概要

マイクロクラフトブルワリーとは、通常、年間生産量が15,000樽未満のビール醸造所を指す。小規模なシステムは、最高品質の職人ビールを製造するために柔軟でカスタマイズ可能です。

種類 マイクロ・クラフト・ブルワリー・システム

手動 vs 自動

  マニュアル 自動化
醸造オペレーション 実践的、労働集約的 コントローラーとセンサーによる半自動化または完全自動化
設備 シンプルで最小限の機能 高度な機能とコントロール
醸造精度 バッチごとに変動 一貫した再現性のある結果
労働条件 各バッチへのスタッフの高い関与 バッチあたりの必要人員を削減
生産量 年間総ロット数の減少 より高いボリュームが可能
資本コスト 設備費用の削減 自動化にかかる費用の増加
学習曲線 新しい醸造家にとって利用しやすい 学習曲線

全粒穀物ベースとエキスベース

小規模なクラフトビール醸造所に進出する自家醸造家は、全粒穀物醸造プロセスを適応させるか、あるいは操作を簡素化するためにエキスをベースとした業務用システムを選ぶかのどちらかを選択することができる。

  オール・グレイン 抽出ベース
原材料 ベースモルトのマッシュ 醸造用エキスと特殊穀物
マッシング・プロセス 必須 不要
醸造コントロール 麦汁と風味をよりコントロール 柔軟性が低い
設備 フル・マッシング&焙煎システム 簡易醸造所
所要時間 醸造日が長い より速いプロセス
原材料費 より低い エキスのコスト上昇
最終製品 全粒穀物純粋主義者は風味を好む 品質が低いと感じる人もいる

電気とガスの比較

暖房システムは、性能、効率、安全性、雰囲気に影響する重要な機器選択です。

  電気 ガス
加熱技術 埋め込み電気素子 ガス直火またはボイラーからの蒸気
コントロールと精度 優れた温度制御 温度変動が起こる可能性がある
効率性 70-80% 効率的 最大95%の熱効率
インストール 通常、よりシンプルな接続 ガス管、ベントが必要
営業費用 一部の地域ではエネルギーコストが低下 ガソリン価格によって異なる
醸造所の雰囲気 クリーナー 炎が美観に影響を与える。
安全への配慮 水周りの電気は避ける 慎重なガス漏れ監視が必要
メンテナンス 低い要求 年1回の点検を推奨

マイクロ・クラフト・ブルワリー・システム アプリケーション

生鮮食品とパッケージ製品の比較

  ドラフト/オン・プレミス パッケージ
提供方法 ドラフトラインはタップまで直行 ボトル、缶、樽の卸売り
保管の必要性 サービングタンクのみ 完全な包装ラインと在庫保管
サービスモデル タップルーム・セールス 流通モデル
生産規模 給仕能力を合わせる 販売量の増加、小売店との提携
収益の流れ グラスパイントのマージンが高い パッケージ・マージンの低下
カスタマー・インタラクション 醸造所での現場体験 小売拠点を通じてより多くの読者を獲得
規制要件 ブリューパブ・ライセンス 包装/ラベルのコンプライアンス

その選択は、レイアウト、設備、オペレーション、そして全体的なビジネスモデルに影響を与えます。成功している小規模クラフトビール醸造所の多くは、魅力的なタップルームで生ビールを提供するだけでなく、パッケージ製品を広く販売しています。

補足スペース

使用方法 詳細
タップルーム/レストラン ビールを試飲できるスペース郡保健所の規制により、厨房設備が必要な場合がある。
ビアガーデン/パティオ クラフトビールを楽しむための屋外スペース。持ち運び可能なドラフトライン、テント、ヒートランプなどを設置できる。
オフィスと倉庫 必要に応じた事務作業と在庫管理
樽熟成ルーム 木樽熟成ビール用の空調管理された部屋
試験とトライアルのためのラボ QCと実験的小ロット醸造

メインのプロダクション・エリアをサポートする補助的な利用ゾーンを設定する。プライベート・イベントの開催や座席数の拡大など、将来的な可能性を検討する。

マイクロクラフト・ブルーハウス・サプライヤーを選ぶ主な基準

考察 ガイドライン
関連する経験 何百ものマイクロクラフトの成功例をご覧ください。
提供製品 マニュアルから全自動まで幅広いニーズに対応
カスタマイズ カスタム容器の入手と標準パッケージの変更能力
製造品質 オールステンレス製の手溶接容器と部品、高い信頼性
寸法 間取り図に合ったサイズと高さ、出入り口と通路の寸法を測る
リードタイムズ 完全なカスタム製造システムよりも早く準備可能
サービス能力 迅速なサポートチームが質問や問題に対応
料金パッケージ 必要な機器や機能を網羅した提案を比較する
支払条件 柔軟な分割払いプランが融資の確保に役立つ

醸造所建設予定業者に尋ねるべき質問トップ

  • マイクロクラフトサイズの醸造所を専門に扱ってどれくらいになりますか?
  • 御社の装置を使用している小規模醸造所の連絡先を教えてもらえますか?
  • 製造・組立工場はどこにありますか?
  • リース・トゥ・オーウン支払いプランや融資のサポートはありますか?
  • 送料、配送料、設置料は価格に含まれていますか?
  • 注文してからどのくらいで稼働しますか?
  • 保証修理とテクニカル・サポートは誰が行うのですか?
  • 私のスペースに合わせて機器構成をカスタマイズしてもらえますか?

ニーズ、価格、サービス・アプローチに基づいて最適なものを決定するため、率直に話し合う。可能であれば、既存の設備を見学し、品質を確認する。

マイクロ・クラフトとマクロ・ブルワリーのシステム比較

小規模なクラフトビールメーカーは、大規模なビールメーカーとは異なる機会と課題に直面している。

マイクロ・クラフトとマクロ・ブリュワリーの比較

  マイクロ マクロ
年間生産量 <15,000バレル 10万バレル以上
バッチサイズ 典型的な5-30 BBL バッチ当たり数百BBL
醸造アプローチ 伝統的なレシピ、少量生産 大量生産に注力
製品バラエティ 絶え間ない革新、季節限定商品 フラッグシップ・ブランド。
原材料 特殊麦芽、ホップ、酵母 とうもろこし、米などの商品補助食品
ビジネスモデル 地元のタップルームで販売。 全国流通ネットワーク
価格帯 1パイントあたり$4.50~$10 小売価格で1本あたり$1以下
オーナーシップ構造 オーナー経営が多い 法人株主

規模が大きくなればなるほど、原料、オペレーション、マーケティング、資金調達に合わせた戦略が必要になる。マイクロクラフトブルワリーは成長するにつれ、より自動化へと移行していく。しかし、品質、創造性、地域社会とのつながりを維持することは、依然として不可欠である。

マイクロクラフト醸造の利点と限界

小規模な醸造所は、職人的なアプローチを可能にするが、財政的・経営的な課題も伴う。

マイクロクラフトブルワリーの利点と機会

  • 醸造家がレシピや原料を試す自由
  • 味、香り、見た目にこだわる
  • 特産品や季節限定品で顧客を魅了する
  • 地元で忠実なファンを獲得し、ブランド・アイデンティティを確立する
  • 認知された品質に対してプレミアム価格を設定する
  • より低いスタートアップ資本投資要件
  • オーナー経営が柔軟性と管理性を維持
  • 生産量を段階的に拡大する能力があるため、多額の負債を回避できる。

小規模ビール会社が直面する潜在的弱点とリスク

  • バッチ間の一貫性は困難である。
  • 床面積の制限が成長を抑制する可能性
  • ステンレス機器は初期費用が高い
  • 財務実績がなければ銀行融資の確保は困難
  • 市場が飽和しているため、競争力のある価格設定が必要
  • 高額な連邦および州のライセンス料
  • 有能な醸造家を見つける人材確保の課題
  • 小売業者にとって値引きなしの流通は厳しい
  • クラフトビールの流行の変化による高い失敗率

検討事項のリストは、マイクロクラフトの醸造がいかに大きな報酬をもたらすか、しかし綿密な計画を必要とするかを浮き彫りにしている。他の成功した醸造所から学びながら、ユニークなビールを中心にアイデンティティを作り上げよう。

よくある質問

どの程度の規模の醸造所が "マイクロクラフト "とみなされるのか?

Brewers Associationは、マイクロクラフトブルワリーを年間生産量15,000バレル以下と定義している。これは年間450,000USガロン以下の醸造に相当する。

マイクロサイズの醸造所にはどのくらいのスペースが必要ですか?

3~7BBLの小規模な地ビール醸造所では、少なくとも1,500~3,000平方フィート(約1,500~3,000平方メートル)を計画する。これには醸造所と発酵室、冷蔵倉庫、パッケージングエリア、原料、研究室、オフィスが含まれる。より広いスペースがあれば、より快適な生産量と将来の成長能力が可能になる。

醸造設備の操作に必要な重要なユーティリティは何ですか?

主要なユーティリティは、電気、給水、排水、換気、冷蔵、直火釜用のガス管、および該当する場合は蒸気である。適切な接続サイズ、圧力、排水勾配、段階的な配電を確保する。

中古の醸造設備を購入するのは良い考えですか?

中古機器は、初期資本コストを大幅に節約できる。しかしその結果は、経過年数、実施したメンテナンス、制御や再調整に必要なアップグレード、保証サポートによって大きく異なる。タンクの耐用年数にわたる運転経費を評価する。

関連記事

How to control the temperature in beer fermentation?

In beer brewing, controlling fermentation is one of the key steps to ensure the quality [...]

How much does it cost to start a kombucha brewery?

Kombucha has been booming in recent years, and due to the high demand for this [...]

How to start a whiskey distillery?

Starting a whiskey distillery is a complex undertaking that involves many aspects of preparation and [...]

What are some tips for buying a kombucha conical fermenter?

When purchasing a kombucha fermenter, some key tips will not only ensure that you get [...]

What does distillation equipment in a brewery consist of?

Distillation equipment in a brewery is a central component in the production of high-quality spirits, [...]

Sustainable Brewing: Transforming Breweries into Eco-Friendly Green Breweries

Breweries are growing rapidly, and breweries of all sizes are popping up all over the [...]

How to set up the best floor plan for a microbrewery?

Opening a microbrewery is a long and complex process that requires planning and designing the [...]

How to Start a Mini Brewery?

Starting a mini brewery requires more than just a love of craft beer. Craft beer [...]

事例

ラ・スーパーブ・ブルー

メゾンPIP醸造所

ブラッスリー・ノドビー

ラシーヌ・カレ

ペール・ラメール

ラ・カイユ

ヴァルハラ・ブルワリー

ペルフェクタム

ホッグ&ハンター

お客様の声

醸造所のサイズと容量は、クライアントがどの規模のビール生産を計画しているかによって決まる。

ジョブサイト・ブルワリー

タンクのデザインも打ち合わせ通りで良かったです。

マリオ・ブルジョワ

ジョブサイト・ブルーイング社

メゾンPIP

すべてが完璧で、醸造所はとても使いやすく、抽出もよく、冷却もよく、調整もよくできていて、これで醸造するのは本当に楽しいです。

ベンジャミン・フェブリエ

メゾンPIP