2000L 3容器マイクロブルワリー装置

2000L ビール醸造設備 is a choice for restaurants, commercial and industrial breweries which consist of the industrial wort brewing machine and a fully equipped set of the professional beer fermentation tanks with a nominal capacity from 1000L up to 10,000L, which is typically applied to breweries that are much smaller than large-scale corporate breweries and are independently owned.

If you plan a medium to large brewpub, microbrewery, brewery hall or distribution business, our 2000L brewing system is a good option for you.

Use the tips below to choose the right sized brewing equipment.

2000L microbrewery equipment
2000L Microbrewery equipment 2
2000Lマイクロビール装置
1000L stainless steel beer fermentation tank 1 1
1000L large brewery equipment 3
1000L stainless steel beer fermentation tank 2 1

醸造所を建設する前に、どのような準備をすべきでしょうか?

ほとんどの自家醸造家は、あらゆる面で条件が整ったときに、自分のクラフトビール醸造所や小規模醸造所を計画し始める。

醸造所を拡張または建設したいですか?なぜ高品質の醸造設備が必要なのでしょうか?

地ビール醸造所が高品質の醸造設備を必要とする理由はたくさんあります。醸造所は常に施設を拡張し、新しいビールレシピに挑戦しています。その際、最新の醸造技術を利用できることを確認する必要があります。設備は、世界で最も厳しく、最も高い国際基準に基づいて製造されなければなりません。この基本的な基準を超えて、すべてのマイクロブルワリーは非常に厳しい予算で運営されている。

商業的な地ビール醸造所が現在の醸造施設を拡張したり、別の場所に事業を拡大したりする必要がある場合、高品質の設備や備品が必要になります。新しい部門や別の場所を計画する場合、商業用醸造所には醸造所の設計、製作、輸送、設置の専門家が必要である。そのために選ばれる会社はまた、時間通りに予算内で仕事を終わらせることができなければならない。

設備コストから醸造所のサイズ、建設コスト、ライセンスに至るまで、醸造所の運営コストはお客様の具体的な事業内容によって大きく異なります。お客様の投資価格を見積もる際には、様々な設備や構成からお選びいただけます。Micetグループは、お客様が最短で事業を立ち上げられるよう、醸造設備ファイナンスのソリューションを提供しています。

1.正しいサイトの選び方

まず、醸造所の設立に使用する土地は工業用地でなければならない。高い地形と十分な水資源がある地域に建設するのがよい。工場区域には緑地帯、良好な排水システム、廃水・廃ガス処理システムを設けなければならない。交通の便を確保するために、周辺環境の具体的な条件を把握しておくこと。

2.正しい醸造所の選び方

醸造所には2槽式、3槽式、4槽式などいくつかの選択肢があり、立地条件や予算、1日に製造したいバッチ数に応じて適切なタイプを選ぶ必要がある。3槽式醸造所は、同じ日により多くのバッチをより頻繁に生産することができ、後の段階で拡張する能力を持つことができます。以下は、3槽式醸造所の設計のいくつかのオプションです。

2000L brewery system
2000L 3 vessel microbwery equipment
2000L 3 vessel microbrewery equipment 2

According to brewer’s expertise and different brewing process, you can choose the mashing steps happen in different vessels, such as heating up temperature by adding hot water into lauter tun or just heat up in the tank to increase temperature directly, that means infusion brewing or decoction brewing. As per different site condition, we can design the brewhouse in different way, the ladders can be in the front, left or right.

タイプA

  • ミキサー付きマッシュタン
  • レーキ付きラウター・チューン
  • ブリューケトルとワールプールの組み合わせ

タイプB

  • デコクション・マッシング用アジテーター付きマッシュ&ケトル
  • レーキ付きラウター・チューン
  • ワールプールタンク

タイプC

  • インフュージョンマッシング用マッシュ&ラウターコンビネーション
  • ブリューケトル
  • ワールプール
 

3.正しいシステムを選ぶには?

1.穀物ハンドリングシステム

ダブルローラーミルは麦芽の乾燥粉砕に最適で、生産能力は100-2000kg/hです。1000kg/hの粉砕機を選択することにより、醸造設備の生産能力を満たすことができます。多バッチの醸造プロセスは、粉末ビンと麦芽輸送装置(スクリュー輸送、パイプチェーン輸送、フレキシブル輸送)の助けを借りて実現することができます。

2.醸造所システム

醸造システムは一般的に断熱層を持つステンレス製である。8時間後、3時間に1回麦汁を連続供給することができ、24時間以内に4-6バッチを完成させることができます。醸造所システムの購入方法とメンテナンスについて、ここをクリック

1) マッシュタンは、蒸気加熱と攪拌機能(上部攪拌)を持つ。

二つの加熱ジャケットは独立して制御され、Pt100温度プローブと蒸気空気制御弁により、多段階自動糖化が実現できる。原料水ミキサーが付き、空気弁と電磁流量計により、原料水の流量設定と混合温度が自動的に完成され、原料水量、水温、原料水比率が精確に制御される。

ケーススタディ

MAISON PIP BREWERYについてもっと知る

2) ラウター・タン

レーザー切断されたTワイヤーの偽底はステンレス製で、継ぎ目幅0.7~0.9mmの溝付きふるい板です。ふるい板の底には、多数の洗浄ノズルが2ノズル/m2の分布密度で均一に設置されています。濾過後、ふるい板の底を高圧水で洗浄することができます。円形タンクの底板には、四本の麦汁ろ過回収パイプが均一に配置されています。

3) ケトル/ワールプールタンク

上部の蒸気排気筒の直径はDN200である。蒸気排気筒の下端に二次ドレン排出パイプを設計し、ビール品質を確保するため、独特の臭いを持つ二次ドレンを別に排出する。本体と下部円錐形は十分な面積のディンプルジャケットで設計され、上昇速度≥1.5 ℃/分の要求を満たす。2つの加熱ジャケットは独立して制御されます(内部ヒーターもオプション)。自動温度制御沸騰は、Pt100温度センサーとスチーム空気圧制御バルブを介して実現され、効果的な蒸発を確保することができます。

4) プレート式熱交換器

熱い麦汁と冷たい水の冷却と熱交換プロセスを完了し、大幅にエネルギーを節約します。簡単に分解プレート熱交換器、4つのプロセスとシングルセクション。

3.発酵システム

発酵槽の容量は、醸造能力や1日に醸造する量によって異なります。発酵タンクの製造コストや麦汁製造工程での熱エネルギーの再利用を考慮すると、4000Lの発酵タンクをお勧めします。上部マンホールと側面マンホールのオプションがあり、醸造するビールの種類、発酵方法が上部発酵か下部発酵か、建物の高さ制限に応じて選択できます。発酵槽は底部に60°コーンを装備し、主発酵後に酵母を回収するのに便利です。明るいビールタンクはろ過された発酵液体の冷却そして貯蔵のために使用されます、あなたの必要性によって選ぶことができます。

4.グリコール冷却システム

グリコール冷却システムは、ビール醸造プロセス全体において決定的な役割を果たし、主に糖化麦汁の冷却と発酵に使用されます。グリコール冷却システムの最適な構成は、エネルギー消費を大幅に削減し、ビール醸造の安定した動作を保証します。詳細は 冷却システムに関するFAQ冷却ソリューションについて理解する。

関連記事

明るいタンクとは?

Bright tanks are a key component in craft beer production and are used for the [...]

ビール瓶詰め設備ガイド

Beer bottling is a critical step in the brewing process, allowing both home and commercial [...]

商業醸造システムの総合ガイド

As the craft beer industry continues to boom, there is an increasing demand for high-quality, [...]

発酵槽の種類

発酵槽は、ビール醸造、醸造 [...] に興味のある人にとっては必須の設備です。

発酵タンクの種類

ファーメンターまたは FV と呼ばれる発酵容器には、さまざまな種類と材質があります。発酵タンクは [...]

自動醸造システムはどのようにして醸造プロセスを簡素化できるのでしょうか?

需要の増加に伴い、自動醸造システムは商業用および家庭用醸造業者の間で人気が高まっています。 [...]

醸造設備のコストの内訳

醸造所の規模はさまざまであり、醸造設備のコストも、その運営、コスト、および [...] によって異なります。

発酵制御をマスターしてビールを美味しくする

完璧なビールを醸造するには多くの要素が関係しますが、発酵制御は [...]

事例

ラ・スーパーブ・ブルー

メゾンPIP醸造所

ブラッスリー・ノドビー

ラシーヌ・カレ

ペール・ラメール

ラ・カイユ

ヴァルハラ・ブルワリー

ペルフェクタム

ホッグ&ハンター

連絡先

最高のクラフトビール醸造所が成功した3つの方法を紹介しよう:

  1. 起業家精神を受け入れる
  2. 顧客中心の味へのアプローチ。
  3. ブルワリーは互いに支え合っている。

醸造所の新設をお考えのお客様にとって、最も重要な決断のひとつは、当社のエンジニアと営業担当者を訪ねてニーズをお聞きすることです。私たちのスタッフは、お客様の設計やエンジニアリングに関するあらゆる質問にお答えし、詳細な説明もいたします。

専門家に相談する